L’importanza di non essere un sequel (2)

A dicembre del 2010, Keiko Nagita rilasciò un'intervista su Candy candy Final Story, grazie a Silvia per il testo originale: タイトル略 投稿者:名木田恵子  投稿日:2010年12月 1日(水)23時47分37秒 1.今や小説の出版を終えられたわけですが、キャンディが登場するか、または登場することがないとしても続編を書く御計画がありますでしょうか? 1 FINAL・・。これで登場人物たちともお別れ、という意識で書きました。 続編を書くことはありません。 けれど、FINALは新たな始まりでもあると思っています。 今回書き上げたことにより、さらに身近になった物語世界の<永遠の土地 、空、風、花々、建物>をもとにしたスピンオフを書けたらと(出来るまでは予定にすぎませんが)思っています。 ある詩人がいわれたように<風景は時間>です。 新しい時代、新しい主人公を同じ舞台で・・もともとそちらを書く予定でした。 2.キャンディを再び画面上に登場させるために別の漫画家やアニメ制作会社とご協力されるお考えはありますでしょうか? 2 わたし自身にはそういった意思はありません。 けれど、考えもしていなかったFINALを書いたように今後出会う人たち、 その人たちが信用できるか否か、企画によってはどうなるかはわかりません。 先のことはわからない・・それが人生の楽しみね! 3.最初に書いた時から、先生のキャンディの物語に関する感情が変わったということはありますか? 3 物語世界としては、全くありません。 4.なぜ、改訂版では曖昧な結末を描くことをお決めになられたのでしょうか?今後私たちがいつの日か「あのひと」が誰であるか知ることはあるのでしょうか? 4 曖昧にした理由はいくつもありますが、その一つは、あのひとに至るまでのdetailを書かなかったからです。それを書けば続編になってしまいます。 わたしは裁判上では原著作者で続編も自由に書くことはできますが、なんといっても原点は漫画です。 漫画のために描いた物語なのです。 (はじめから小説として書いていたなら、書いていたでしょう。) そして、漫画として評価されなければ、現在もありません。そういった意味で<曖昧>な結論が精一杯の<その後>です。あのひとがだれか、ということより、 キャンディスが<さまざまな苦難を乗り越え(そうなのよ!)、いちばん<愛しているひと>と穏やかでしあわせに暮らしている>ことを最後にお話ししておきたかったのです。 Domanda 1: Ora che il romanzo è finito, ha intenzione …

Leggi tutto L’importanza di non essere un sequel (2)

L’importanza di non essere un sequel (1)

“E 'mia ferma convinzione che il potere dell' "amore invisibile” è essenziale per completare un lavoro creativo.” Keiko Nagita Questo scriveva la Nagita durante la stesura del manga nel 1978. E... a me intriga moltissimo questa sua affermazione. In tutte le interviste, vecchie e nuove, la Nagita ci tiene a specificare che non avrebbe mai …

Leggi tutto L’importanza di non essere un sequel (1)